好樣的!

地平線論壇遇到了一位目前正在做台灣機車產業發展年史的研究生,欣喜之餘,趕緊私下聯絡他。這方面的東西,國內五十年來幾乎沒有什麼人認真在做,換言之這是一塊誰都不想去碰的沙漠。好吧,你說研究生為了糊口飯吃所以沒辦法走這方面的研究領域,但連交通部運研所也是採取放棄的態度,這實在是不可原諒。

在徵詢他(阿強)的同意後,我將年史的草稿部分轉載上來。下個月起我會密集和他聚會,互相分享資訊。

—- start —-
我在研究我國重型機車產業的發展,最讓我感到灰心的就是政策搖擺不定。只為了保護國產,好不容易有一點開放就又因一些風吹草動,馬上又有了固步自封的作法。以下是符上我的一些看法的這五十年大事記:

43—07—29
裝配機器腳車,當局突停止發照,商家請求收回成命
42—08—27
機器腳踏車,新品成廢物,交通處不發照,外匯等於虛擲
43—9—19
機器腳踏車業,設同業公會
44—02—14
去年五月十四以前進口零件,裝成的機器腳踏車、淮發行車牌照
45—07—07
新工業-製機器腳踏
45—10—12
國產機器腳車機件均符合標準,業者向當局建議兩點,請有效的禁外貨進口
1、 禁止夾帶引擎
2、 運用表演喚醒國人勿媚外
46—01—23
奢侈品不禁銷售,改為禁止進口
46—09—16
機器腳踏車變相進口
46—12—12
購器機腳踏車,經濟部下令購買國貨
中日技術合作,裕隆在台造汽車
48—01—17
開征乙車牌照稅,機器腳踏車向稅處抗議,因須改領用甲種牌照
48—04—27
開始汽車工業的保護
機器腳踏車變相進口,喧賓奪主,雖有管制,仍然以國外為主,國內生產過剩
48—08—30
機器腳踏開放進口
49—01—20
機器腳踏車工業政府將予扶助,業者興奮長期保護
50—01—01
機器腳踏車限向歐美地區進口
50—01—24
機器腳踏車舍近求遠,等於只開放一半
50—06—11
禁止將機器腳車改為三輪車
50—06—18
新制機器腳踏車領牌照規定,50西西以上為甲種
50—08—08
機器腳踏車要求有計劃進口
51—03—04
乙種腳踏車(50西西以下),牌照稅90元
51—03—22
250西西以上之三輪機器腳踏車可享減稅
51—12—11
為扶植工業,商用250西西以下機車可享減稅
53—01—12
台灣共有11家機器腳踏車廠,裕隆機車價格為二萬一仟元,進口品蘭美達為二萬八仟元
53—04—19
機器腳踏車引擎開始管制進口
53—05—05
管制後,供需還算正常
53—06—17
放寬進口零件限制
54—03—05
扶植汽車工業,期限延長
54—10—22
大量運用旅客夾帶進口機車,引起關切
55—03—25
乙種車輛開始要在警察局考試才可領執照與車牌
56—01—06
再次全面禁止進口機器腳踏車,以贈送名義申請停止受理
56—02—17
旅客攜帶機車進口,需貿易協會通知,才能繳稅放行
56—02—18
進口機器腳車嚴格,原裝車市價上漲
56—02—13
機車進口市場仍有,足證省貨售價過高
56—11—02
台北市交通問題開始產生
57—07—18
小汽車暫停進口,形成車荒
60—05—11
新規定,重型機車可附載一人,輕型機車需有固定坐位才可載人,但皆不可載14歲以下兒童
60—05—13
政府決定陸續開放進口
63—06—04
面臨石油危機,抑制重型機車增加量
63—10—12
內政部向文通部經濟部建議限制機車進口
64—01—16
交通部因交通安理由決定建議禁止機車進口
64—02—18
省公路局指示監理站所,嚴格加強驗證件發照,使非法進口機車無法魚目混珠
64—02—12
刑事局開始嚴格捉拿運用廢鐵進口機車與零件者
64—03—08
矇混進口量不減,今天度總數逾800輛
64—05—08
交通處考慮限制機車進口
64—10—20
台省主席建議中央禁止機車進口
64—10—28
立委李儒聰議議機車進口
66—12—11
卡車進口稅過高
67—07—18
重機車安全性問題熱烈討論
67—10—30
節約能源理言,提高進口轎車稅率
71—02—12
保護重車聲浪興起
71—02—17
日重車管制進口
72—02—04
日重車限制再延一年
72—02—11
經大安分局預估600西西機車半數屬黑牌車
72—02—22
重機車問題困擾海關20年
72—05—15
重車政策將採自由競爭
73—01—17
管制進口,卡車、巴士來源為拼裝車
交警首次購450西西重機車執勤
73—02—09
日重車開放進口,提高關稅為60%
73—04—26
因安全理由學生禁止騎乘機車
73—06—16
全面開放機車進口,製造業反彈
73—11—09
國產機車價格結構,工業局開始檢討
73—12—05
工業局解除禁止重車進口
75—09—21
開始有重型機車出租
75—11—11
重型機車開放,安全問題引起議論紛紛
75—11—12
廢鐵進口,堂堂掛牌上馬路
77—01—22
重車降稅聲浪再起
77—02—22
要求開放重型機車進口似乎合理
77—03—09
重車?娛樂工具VS空氣品質
77—04—11
機車工業擬撤保護
77—10—05
交警再購60部重型機車
78—04—24
重型機車合法掛牌為產地兩倍
78—10—16
首次台灣機車遊行
78—10—20
機車俱樂部風行
78—11—05
重機車環島賽
78—10—14
俱樂部之悲衰
79—05—22
重型機車量變多,竊案頻傳
79—07—01
日重機車風氣良好
79—09—28
外交官大使車牌具暴利
79—10—26
日小汽車仍再禁止進口
80—03—28
重車環島只花11個鐘頭
81—10—25
期待GATT帶來肴望
82—05—25
日重車壓垮台灣市場
82—07—15
教官投票,學生甭想騎車
83—06—28
150西西以下免牌照稅
83—11—09
日機車執照錄取率10%
84—06—23
開放機車進口與飆車風氣
84—07—01
150西西以下免稅,立院通過
85—06—17
承德路成重機車飆場所
88—11—05
警員購置BMW重機車
90—03—23
因應開放風,高英工商培訓重型機車維修
91—01—02
重機車將開放,車商頻頻預備動作
91—01—16
三陽安駛中心首推出重型機車訓練
91—01—24
加入WTO後,重車族會如何?
91—02—03
即將開放,警方大搜查
91—02—27
即將開放,無牌車忙脫手
91—03—22
91年7月前進口,無出廠、完稅等證明,依法不能上路
91—04—18
高市議員陳村雄為無照機車請命
91—04—19
重機車7月確定進口
91—06—18
重機訓練班人過多
91—06—27
今日首次重機車路考
91—07—02
今日重機車首次領牌
91—07—10
縣議員劉曉玫為重車請命
91—08—24
哈雷問題,哈雷修款
91—09—24
開放前車款發表前已熱賣一半
91—12—13
北海岸成機車狂飆區域
92—05—25
重機車租賃業風行
92—06—08
重機休旅業風行
92—06—12
稅金、路權問題大
92—07—06
重機車週邊產業利多
92—07—07
大型重型機車無路可飆
92—08—05
重機車牌照稅,地方反對調降
92—08—29
首次上街爭路權
92—11—04
無照拼裝上街,重機車沒收銷毀
93—01—08
偷日37輛機車,解體運回台,案例層出不窮
93—01—08
台灣開始發展重型機車產業內外銷
93—01—18
重機車隊熱心從事公眾,期望改變大眾印象

這只是論文的一部份

等全部完成

再PO上來給大家看
—- end —-